不登校・学校不適応のお子様をサポートします                     (家庭教師・外出支援・発達支援)

  お電話でのご相談(無料) ☏ 042-487-0084    

指導などで電話に出られない時もあります。留守電にメッセージを残しておいてください。


「不登校は悪いこと」…ではありません

学校にはいろいろな子がいて、それぞれに大切な個性があります。友達や先生と楽しく学校生活を送れる子もいれば、毎日緊張しながら通い「学校に行きたくないなあ」と感じながら渋々行っている子もいます。不登校になる原因はさまざまで、ひとくくりでは言えません。いじめはもちろんですが、 明るく元気そうに見える子でも、教師や友達のちょっとした一言で気持ちが落ち込み、心が深く傷つき、不登校のきっかけになる場合があります。愛着の問題から学校に行けなくなったり、元々子供自身がもっている発達上の特性に関係したりすることもあります。また、これらが組み合わさることもあります。理由が全くない場合も珍しくありません。「不登校は悪いこと」ではなく、「不登校は誰にでも起こりうること」で、恥ずかしさや罪悪感を感じる必要は全くありません。

子供が不登校になると「わたしの育てかたが悪かったのか」と、多くの保護者は自問自答するかと思います。しかし、そのように考える時間が長く続くと、子供は「自分のせいで親が悩んでいる」と感じ取り、ますます気持ちが後ろ向きになります。

独りで悩んでいたり、良い相談場所が見つからない保護者の方、ぜひ一度ご相談ください。きっとお力になれると思います。

よい環境を作り「自尊感情」を高めます

学校に不安の原因がある場合には、無理をして行くべきではないと思います。しかしながら、「学校に行けない」という劣等感に心が支配された状態はよくありません。「フリースクール」や「ホームスクール」などの積極的な不登校なら別ですが、そうでないなら、環境を変えて心のあり方を前向きにする必要があります。

学校での良い環境の例としては、「別室登校が認められている」とか「遅刻しても温かく迎えてくれるクラス」などが考えられます。子供をとりまく環境が、その子にとって心地よいことが、心が前向きになれる前提となります。このような環境を、学校側と相談して作り出せれば、子供が学校に行きやすくなる最初のステップとなるでしょう。でも、「学校に対してお願いや要望をすること」は、保護者の方だけではハードルが高いこともあります。学校現場を良く知っている私にご相談いただければ、「学校への効果的な伝え方」をお知らせすることができます。また、「家で子供とどう接すればいいかわからない」という保護者の味方として、悩みに寄り添いながらアドバイスも行ってまいります。

「安心感」に包まれた環境ができれば、「何かやろう」「充実したい」という気持ちがやがて生まれてきます。すると、「他者とかかわりたい」「好きなことに打ち込みたい」という気持ちも生まれ、前へ進む契機になります。

このような気持ちを意図的に作り出すことが、私の行う『不登校支援』です。

学校で習うはずだった勉強を教えたり、得意なことを引き出したり、一緒に遊んだり…等々、子供に合わせたさまざまな方法でサポートすることで、「自分は自分が好き」という自尊感情を高め、それぞれに適した社会復帰や学校復帰を目指します。

学校復帰について⇨

    (イラスト)土佐うさこ


主な活動

 いずれの活動も、不登校や、学校生活に不適応をおこしている小中学生が対象です。保護者や子供の気持ちに寄り添い、自尊感情を高めることで、前向きなエネルギーを作り出します。


家庭教師           

15年以上の小学校教員経験の中で、数多くの不登校だった子供達に出会いましたが、適切なサポートをすることで、ほとんどの子が学校に復帰できました。教職経験を生かし、国語、算数、運動などを優しくポイントを抑えて教えます。また、本人の興味関心に基づく活動を行い、認めることで自信を取り戻します。

くわしくはコチラ

発達支援

情緒通級、特別支援学校での豊富な教職経験があります。発達障がいのある子供の「得意」を伸ばすことで「その子らしさ」を引き出します。小中学生の今、最も大切なのは、自信を取り戻し自分を好きになることです。興味があることを追求し、認められる体験がその後の糧となります。「読む・書く・話す・聴く・計算する・運動する」ことの苦手を改善する活動も行います。

くわしくはコチラ

            

外出支援

通学路を歩く・公園の散歩・博物館に行く・バーベキューなど、家から出られるようにするための支援です。ひきこもり状態から前に進む際の大切なステップで、子供の状態を見取りながら1対1で行ったり他の子と集団で行ったりします。

くわしくはコチラ

フリースクール

2021年9月に東京都町田市でスタート予定です。「毎日は学校に行かない」という小中学生が利用できます。個人の発想と自由を大切にする活動を行います。

※くわしくは電話かメールでお問い合わせください。

メールでのご相談→✉(ご相談内容をご記入ください

初回の相談は無料で承ります。初回相談時にお子様の置かれている状況をくわしく聞き取り、目標についてや指導方針を共有します。問い合わせフォームに相談したい日時を記入して送信してください。後程こちらからお電話かメールで返信いたします。初回相談はなるべく対面で行いますが、遠方の場合は電話相談になります。本契約までは費用はかかりません。支援方法に十分納得いただける時のみご契約ください。                  ※お電話でのお問い合わせも承ります。電話:042ー487-0084 携帯:090-5571-0958

              お申込みまでの流れ

支援を行える地域について

支援を行える地域は、東京都全域、神奈川県川崎市・相模原市・横浜市、埼玉県南部に住所があるご家庭になります。(一部地域を除く)※他の県でも行える場合がありますのでご相談ください。

支援の対象者について

支援の対象は、学校で不適応状態にある小中学生とそのご家族です。「学校に全く行かない」「学校に時々しか行かない」「学校に行くと不安定になってしまう」などの場合が考えられますが、個々によって状況が違うため、まずはご相談ください。

カムカムのプロフィール

現深大出版代表の元小学校教師です。学校になじめなくなったお子様とご家族に寄り添い、それぞれの個性が生かされるようサポートすることをライフワークとしています。  

くわしくはコチラ

当サイト運営【深大出版】について

2009年より、フィンランドの教育法をアレンジした問題集、「論理力ノート」「言葉と発想力」「小作文」などを全国の小学校に販売しています。創業以来「個人の発想を大切に育むこと」をモットーとしております。

所在地:東京都調布市深大寺北町4-2-6 ☏:042-487-0084      責任者:禿拓史




活動にご協力をお願いします